Comments

深刻な悩み……

都心の食糧難

スタジオポットSDは、
表参道と明治通の交差点から歩いて5分と
原宿のど真ん中にあります。

交通の便が良くて通勤しやすいのはいいのですが、
一週間ちょっと働いて気づいた
最大の問題点は……
ランチが高すぎること!

いまのところ、
「松屋」と「チカラめし」しか食べていません。

今後、500円ぐらいで食べられる
安ランチを探したいと思っています。

西田

Comments

3年ぶりの改訂版!

「版元ドットコム大全2013」

版元ドットコムの入門書であり、
ノウハウ・マニュアルが1冊にまっとまった
「版元ドットコム大全」が、
「版元ドットコム大全2009」「版元ドットコム大全2010」に続いて、
3年ぶりに改訂し「版元ドットコム大全2013」として刊行することになりました。

今日からは、その編集作業を任されて、
苦手なコンピュータではなく、
慣れ親しんだ編集作業なので晴れやかな気分です。

ああ、そういえば、
版元ドットコム事務局は、
コンピュータ機器とソフトは最新のものが揃っているのに、
プリンターはモノクロ専用の安価なものしかなく
ちょっと意外でした。

西田

Comments

できない大人の仕事術

わからないことは、こっそり自習

スタジオ・ポットSD出勤2日目。

もともと編集の仕事しかしたことがないので、
出版営業に関する業務は厳しいだろうなと思っていたのですが、
そんなことより、いちばんキツいのは自分にコンピュータの知識がまったくない事でした。

朝来てweb上でタイムカードを押す事から始まり、
データの保存、
スケジュール管理、
書籍の受注・発注……などなど、
なんでもかんでもコンピュータでの作業。
出版関係の業務ですが、実態は完全にIT企業です。

とりあえず本格的に業務に携わる前に、
コンピュータで挫折しないように、
こっそり勉強し直そうと思いました。

西田

Comments

新人、現る!!

元実話誌の編集者

今日からスタジオ・ポットSDにアルバイトで入った西田と申します。
27歳の男です。

前職は実話誌の編集者をやっていて、
今もフリーの編集者として活動しているのですが、
出版営業について勉強したいと思い入社しました。

……というか自分としては、
「版元ドットコム」のアルバイトのつもりだったのですが、
「版元ドットコム」を運営ししている会社の名前が、
スタジオ・ポットSDということを面接に来る前日に知りました。

そして、ややこしいのが、
スタジオ・ポットSDだから、ポット出版の子会社なんだと思いましたが、
基本的には別の会社だということです。

会社が真横にあったり、
スタジオ・ポットSDの社長が、元ポット出版の社員だったり、
FAX番号が同じだったり、
自社サーバーを共用で使っていたり、
もちろん付き合いは深いのですが、
それでも、別の会社らしいです。

ちなみにスタジオ・ポットSDの「SD」は、
システムデザインの略だそうです。

とりあえず、これから週3日、月、水、金に出社しますので、
出勤日は毎日、業務内容を紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

西田

image

Comments

電子書籍の刊行・流通・小売における書誌情報体系化概論(序): 識別子問題を中心に

某所で表題の件についてカンタンに説明せよ、という指令が来たのですが、少々スケジュールが延期になったご様子。というわけで、腐らないうちにちゃっちゃと公開します(とか言って一ヶ月くらい寝かしてたんだけど)。

基本的に当サイトで書いてきたことのまとめ直しなんですが、初見の方はスライドだけではなにがなにやら、だと思いますので、気が向いたらすこし補足する……かもしれません。

Comments

2013年のカレンダー

年末からいろいろありまして。。お察しください。。。

昨年はInDesignでXML組版、みたいのもちょっとチャレンジしてたので、そこいらを反映したものにしたいなあ、と思っていたのですが……。軽く力尽きました★

というわけで、昨年どおりの3パターン。

Continue Reading

Comments

年末年始営業のお知らせ

2012年12月28日(金)より2013年1月3日(木)まで
スタジオ・ポットSDは通常業務をお休みさせていただきます。
サーバ不具合などシステム面の障害、その他著しく緊急性が高いと認められる事項はこの期間中も対応しますが、その他の通常業務はお休みとさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

Comments

eコード(電子出版コード)は、どのように運用されるべきか?

eコードってなんぞ?

先のエントリでInternational ISBN Agencyの中の人(当時)による、電子書籍の識別子にまつわる諸問題および、階層デザインの可能性について紹介しました。

さて、ひるがえって我が国ではどうでしょうか。JPOでは、電子書籍における識別子に、「電子出版コンテンツ流通管理コード(通称eコード。以下、こちらの略称で記述します)」を利用する(参照「JPO電子出版コード管理研究委、電子書籍の流通コードを策定」)という発表がなされています。

ISBNにおける「日本図書コード管理委員会」のような管理組織こそまだ立ち上がっていませんが、上記発表のようにJPO内で「JPO電子出版コード管理研究委員会」が準備されており、また、「コンテンツ緊急電子化事業」において作成された電子書籍への付番が決定していることから、 Continue Reading